権利擁護ネットワーク研修会を開催しました。<圏域ナビ事業>

12月 18, 2012

権利擁護ネットワーク研修会『虐待予防にも「ほう・れん・そう」』

日時:平成24年12月11日(火)10時~15時30分                       場所:足柄上合同庁舎 別館                                参加者数:23名                                        (通所系事業所支援者 14名)                                 (入所系事業所支援者 5名)                                  (入所系事業所看護師 1名)                                  (グループホーム支援者 1名)                                 (特別支援学校教員 2名)                                  講師:鈴木 敏彦氏(和泉短期大学 教授)                        演習ファシリテーター                                      青木 謙治氏(ほうあんふじみのさと)河辺 邦夫氏(永耕園)                 関 幸男氏(KOMNY)小野塚 晃太郎氏(自立サポートセンタースマイル)           古屋 純氏(開成町福祉課)

 「虐待に気付く感性を養う」ことを目的に、福祉サービス提供事業所の支援者を対象に開催しました。まず、障害者虐待防止・対応における支援者の役割、障害者施設における虐待とその発生と構造について、鈴木氏の熱のこもった講義がありました。続いての演習では、事例から虐待、または虐待につながる可能性となる事柄を拾い出し、解決に向けた取り組み方法をグループで検討し、発表を行いました。どのグループでも活発に意見が交わされていました。                      この演習には、県障害者虐待防止・権利擁護研修を受講した、県西地域の事業所・機関の方々にファシリテーターとしてご協力いただきました。

受講したみなさんから(抜粋)                                                                                             「自分自身が権利擁護者、侵害者どちらにもなりうる危険性があるということを、改めて思い直すことが出来た」                                     「施設内でふりかえることが必要だと感じた」                              「事例の中からグループで問題点・解決策を考えていったわけだが、所属の事業所の範囲では考えられない取り組みも出てきて、参考になった」                                     「職場の方たちと、どんな小さなことでも話したいと思った」

Filed under: ういずの紹介


最近の投稿

カテゴリー

ういずカレンダー

2018年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

永耕会ホームページ

永耕会からのお知らせ

えいこうかいのブログ

求人案内、採用情報