EIKOUKAI NOW!! えいこうかいの最新イベント&活動報告

社会福祉法人永耕会は、神奈川県小田原市を拠点に知的障害を持つ方の支援を行っています。

3月20日(日)犬猫ボランティアの最終回がにぎやかに行われました。

犬猫ボランティアは南足柄市にあるデイ動物病院さんの

ご好意により行われてきましたボランティアの通称で、

月に1回、スタッフさんやボランティアさんが犬や猫を連れてきてくれて

利用者さんが触れ合って楽しむ事が出来るのです。

ボランティアが開始されたのはなんと1991年!!

実に25年間、継続してボランティアを続けて下さり

本当に感謝しかございません。

最終回の最後に行われたセレモニーでは、

花束を渡したい利用者さんが続出!

皆さんに愛されていたボランティアだったのだと胸が熱くなりました。

デイ動物病院のスタッフの皆さん、ボランティアの皆さん

本当に今までありがとうございました。

また機会があればどこかでお会いしたいですね。


3月13日に、けやきホールで行なわれた

第12回ワクワクのりのりコンサートに

永耕園から利用者さんが参加してきましたよ。

手話ソングやテミヤン&トイズバンドによる歌と演奏に会場は大盛況!

参加された利用者さんも、

「恋するフォーチュンクッキー」のリズムに乗って

思わず身体が動き出してしまいました。

友人にも合うことができて

楽しい時間をみんなで過ごすことができましたよ。


3月11日を迎えました。

東日本大震災からもう5年が過ぎましたが、

被災地の復興への道のりは遠く

まだ5年と言わざる負えません。

私たちも、次第に風化していく意識の中で

どこまで防災意識を高めていくかが課題となっております。

 

永耕園では3月12日、防災訓練が実施されました。

まずは14時45分に大地震が発生したと想定して

「身を守る訓練」を実施しました。

シェイクアウトで身につけた

「頭を守る」「机等に身を隠す」

これらを確実に行なえるように職員も一緒に訓練いたしました。

そして、新人職員を中心に防災設備の説明や

備蓄倉庫の確認を行い、最後に備蓄米の試食会が行なわれました。

実際に自分の目で確認しておくことで

防災意識を高めると共に、

非常時には迅速な行動をとる事が出来るようになります。

 

ここ、関東は首都直下地震や南海トラフ地震の発生が危惧されています。

もし、未曽有の大災害が発生した場合

日頃の備えの重要性を認識しつつ、もしもの時にもあわてず

利用者さんや職員の安全を確保することが必要なのだと感じます。


昨年より行われてきました再整備。

いよいよ、永耕園内の工事が完了し

14日より入居を開始することになりました。

それに先立ち、3月7日に新しい建物の竣工祝賀会と

内覧会が行なわれました。

当日は永耕会の長谷川理事長や保護者会の池田会長。

敷地内外の事業所や各自治体の関係者

永耕会を支えて頂いている地域の皆様など、40名近い方々が

あいにくの雨天の下、お祝いに駆けつけて下さいました。

河辺施設長による経過報告や来賓の方々の祝辞に続き

全員での乾杯、1寮の利用者さんによるクス玉割りと

明るく和やかに進行されました。

引き続き開催された内覧会も大勢の方が参加して下さいました。

新しい建物で始まる生活に

利用者さんも職員もワクワクしております!


Login