daycenter

デイセンター永耕
デイセンター永耕は、2002年4月発足した知的障害者の通所更生施設であり、18歳以上の発達に障害を持つ人に、日中の生活支援や自立に向けた活動支援を行う施設です。

 
基本方針・基本理念
~一人ひとりが目標に向かって笑顔で過ごせるセンターを目指して~

デイセンター永耕所長:関正明
 デイセンター永耕は、日中の生活や自立に向けた活動の支援を行う施設として平成14年4月に開所しました。現在、50名(登録65名)の生活介護事業所として、受注作業(ボールペンの組み立て)や、自主生産作業(陶芸、パン、農園芸、手芸等)の活動を通じて支援しています。
一人ひとりが目標に向かって笑顔で過ごせるセンターを目指しています。お手伝いをしてくださるボランティアさんも募集しています。

 デイセンター永耕が平成14年に永耕園の建物から独自の建物になって丁度10年が経過しました。この間に障害福祉界は大きく変貌しました。
平成15年には「自己選択・自己決定」というスローガンのもとに措置費制度から支援費制度へと、それまでの知的障害福祉の概念が根底から覆されるほどの大転換がなされました。

そして、平成18年には障害者自立支援法が施行され、さらに平成26年には障害者総合支援法が制定されるというように非常にめまぐるしく改変され、利用者も事業所も厚生労働省に日々振り回されてきたというのが実感です。

 しかし、時代が変わり障害者を取り巻く制度や仕組みが変わっても、私たちの利用者に対する支援は基本的に何ら変わることがあってはなりません。利用者が長いご自分の人生を築いていく過程で、少しでも充実感・達成感を抱けるように色々と考え、そして工夫しながら利用者一人ひとりの人生作りに微力ながらお手伝いすることが私たちの仕事であり使命であると思います。

 そのために、私たち職員はその自覚を持って日々自分の健康管理に留意することはもちろんのこと、さらに質の高い支援を目指して自己研鑽に励み、いつも元気で明るく活気のみなぎるデイセンター永耕であることを目指してまいります。

 今後とも、利用者・保護者及び地域の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

デイセンター永耕の支援内容

毎月第2土曜日に保護者会を行います。また、毎日の送迎時や連絡帳等で利用者の様子を伝えあい、家庭と連携して支援にあたります。
パンや陶芸作品の販売に加え、永耕祭等の行事を通して、デイセンター永耕をより一層知っていただけるよう活動にあたります。
必要に応じて、各関係機関と連携し、支援にあたります。
所長、支援員、事務員、栄養士、調理員、非常勤等
一人ひとりの個性とニーズを大切にした支援
利用者の人権と人格の尊重
社会参加へ向けて、社会資源の活用
自己実現を見据えた活動の提供
支援内容

デイセンター永耕では現在6つの作業活動を行っています。
それに加え、平成24年度から「生活介護」「生活訓練」という2つの活動が新たに加わりました。

陶芸グループ

ろくろや手びねりによる本格的な活動を行っています。
段階的・個別的に完成度の高い作品を作ることで自信を深めること、加えて、自ら創意工夫する積極性や、意欲の維持・向上できる雰囲気作りに努めています。
ボールペングループ

ボールペンの組立・加工・梱包を行っています。
皆で協力してひとつのことを成し遂げる充実感や、ものを扱う責任感、大切さを感じ、
社会に貢献することの喜びを得て欲
しいと考えています。
マルキグループ

会社よりビデオテープやカセットテープ等の部材を頂いて、仕分け・分解・分類の作業を行っています。週に1回ほどのペースで約600kgの部材をやりとりするため、皆さんと協力して行うことが求められます。
皆さんにそれぞれ得意な作業があり、得意な分野を更に広げたり伸ばしたりすることで自信を持ち、更なる意欲・協調性など個人の成長を促すことを目指しています。
トマトグループ

作業活動と散歩を中心とした日課をもとに、情緒面の安定やコミュニケーションスキルをテーマに活動を行っています。
パン工房グループ

様々なパンの焼成・販売を通じて、デイセンター永耕と地域の融合を目指し、利用者に対しては自己実現の場となるよう、活動を行っています。
外園芸グループ

作物を育てる楽しさ、苦労を実感しながらこれらをいたわり、他者を思いやる気持ちを養うこと、育った作物を販売し、評価を受けることで働く喜びと意欲を引き出すこと、メンバーとともに協力して活動することにより、協調性を養うこと、健康の維持・向上を図ることを目的にしています。
生活介護・生活訓練

作業以外の活動を通して利用者の協調性を養う、気分転換を図る、絆を深める等の時間とし、普段の作業に対しての意欲向上にも繋がるよう、活動を行っています。
現在は各作業グループで週に1回、午後の時間を使って散歩やビデオ鑑賞、作品作り等を行っています。
自立した生活または、社会生活が出来るよう、一定期間生活能力の
維持・向上のための必要な訓練・生産活動、その他便宜を適切かつ
効果的に支援を行います。身辺整理を中心とした生活基本動作、社会性を身に付けることを目指し、活動を行っています。現在は週3回、午前中の時間を使って掃除、洗濯を中心に各利用者に合わせた目標を設定し、それを達成することに努めています。

デイセンター永耕では、作業活動で作られたパン、野菜、ヤーコン茶、陶芸作品を販売しています。
余暇活動

余暇活動

ボランティアさん募集
~ボランティア活動で利用者のサポートを一緒に始めてみませんか~

作業活動や永耕祭などの行事に参加していただける方を随時募集しています。
知的障害に興味をお持ちの方、学生さん、皆さんと一緒に楽しく活動したい方、歓迎します。

「ボランティアをしてみたいけれど、初めてで何から始めたらいいのかわからない方」
「ボランティアを通して自分のできることで誰かの役に立ちたい方」や、経験のないという方も、ボランティアをやってみたい!と思われたらお気軽にご連絡ください。

ボランティア募集お申し込み方法
  • お電話・FAXまたは応募フォームよりご連絡ください。担当者より、活動概要・説明会などのご案内をさせていただきます。

応募フォームはこちらから

利用案内・お問い合わせ

障害者日中活動支援事業所 デイセンター永耕

住所 〒250-0214 神奈川県小田原市永塚408
電話 0465-42-8889(月曜~金曜日 午前8:30~午後17:00)
FAX 0465-42-8884

お問い合わせフォームはこちらから
御殿場線「下曽我駅」より、徒歩で約8分


大きな地図で見る

個人情報保護方針 - ご相談・お問い合わせ - サイトマップ